医療法人社団はなぶさ会 島村記念病院

〒177-0051 東京都練馬区関町北2-4-1
TEL: 03-3928-0071/FAX: 03-3928-0074

島村記念病院について - 医療設備について

島村記念病院トップページ > 島村記念病院について > 医療設備について

医療設備のイラスト 島村記念病院 最新の医療設備

当院は地域の皆様がお気軽に相談のできる明るい病院を目指し、「地域社会への医療奉仕」を信条に開設以来地域の発展とともに着実な歩みを続けてまいりました。
多様化する疾病に対し、また救急医療にも対応できる最新鋭の医療設備を導入し、安心してご利用いただける病院として、心のこもった看護に努力を続ける所存です。

超音波検査(エコー検査)

超音波検査(エコー検査)
  • 超音波検査では、お腹の中の臓器や、乳腺・甲状腺・頚動脈・心臓などが対象となります。
    疾患を的確に捉え、病気の早期発見に役立てさせます。
  • 骨の後ろの部分、肺や腸管等の気体のある部分は、患者さんの状態により検査可能なこともありますが、一般には検査の対象外です。
  • 当院では日本超音波医学会認定専門医(指導医)と日本超音波医学会認定検査師が検査に当たっております
    社団法人日本超音波医学会
例えばこんな時に使います

■ 検査対象となる場所
肝臓、胆道、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣、肝臓、胆道、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣、乳腺・甲状腺・頚動脈・心臓など

■ 腹痛や動脈硬化の原因精査
■ 肝臓癌や乳癌の早期発見
■ 心臓内病変の検索

先頭に戻るページの先頭に戻る

内視鏡システム

  • 上部消化内視鏡検査
    主に、食道、胃、十二指腸(一部)の検査です。
    当院では、最新型極細スコープ(先端5mm)を用いての経鼻内視鏡検査も行っております。
  • 下部消化内視鏡検査:主に、大腸・肛門などの検査です。 当院では、痛みの少ない検査を心がけております。
例えばこんな時に使います

■ 検査対象となる場所
・ 食道、胃、十二指腸までの上部消化管
・ 大腸、肛門などの下部消化管

内視鏡システム

先頭に戻るページの先頭に戻る

全身CTX線コンピュータ断層撮影装置(CTスキャン)

全身CTX線コンピュータ断層撮影装置(CTスキャン)

現代医療の鋭い目。高分解能の画像を抽出する、先端の128列スライスCTシステムにより、鮮明な画像で克明に幹部を捉えます。
当院の撮影技術及び読影に関しては高い評価を得ています。

例えばこんな時に使います

■ 検査対象となる場所
全身

■ メタボリック検診

先頭に戻るページの先頭に戻る

デジタルX線TV装置

X線TVでは、主に造影剤を使用して食道造影・胃透視・小腸造影・大腸造影などの撮影を行います。
その他、内視鏡を用いて気管支・胆のう・すい臓の検査や治療、超音波装置を用いて胆道系の検査や治療なども行います。
例えばこんな時に使います

■各種検査・治療
リアルタイムで身体の中を見ることができるので、様々な検査や治療に幅広く使われます。
・ 胃、腸のバリウム検査
・ 胆のう、すい臓などの消化器系検査
・ 各種医療器具を併用した治療など

デジタルX線TV装置

先頭に戻るページの先頭に戻る

マンモグラフィ装置

マンモグラフィ装置

当院では、マンモグラフィ読影専門医による読影・診断を行っております。
体に触る部分の機械的冷たさを感じさせない素材と、ゆったりと手が置けるようなデザインで安心して検査を受けられます。
さらに「痛みの少ない」圧迫システムで、痛みの低減と確かな乳腺の伸展が可能です。

例えばこんな時に使います

■乳癌の検査
圧迫板という板で乳房を圧迫し、X線撮影装置で撮影する検査です。しこりになる前の微細な石灰化を発見することができるため、乳癌の早期発見に有効です。

先頭に戻るページの先頭に戻る

骨密度測定検査装置

グリコヘモグロビン分析計

骨密度測定装置では、「骨粗鬆症」検査を行います。
女性に多い「骨粗鬆症」は、自覚症状がないため
骨折して初めて発見される方も少なくありません。
腰椎や大腿骨の骨折で、寝たきりにならない為にも

定期的な検査をおすすめしております。

先頭に戻るページの先頭に戻る

血圧脈波検査装置

グリコヘモグロビン分析計

CAVI機能
(心臓から足首までの動脈の硬さを測ります)

生活習慣病などを起因とする軽症の動脈硬化症から
虚血性心疾患や脳血管障害などの、重症の動脈硬化症まで幅広い動脈硬化の程度を見ることができる検査です。

ABI機能
(下肢動脈の狭窄、閉塞)

下肢動脈の狭窄・閉塞を見ることが出来る検査です。
PAD(末梢動脈疾患)は、心血管疾患、脳血管疾患など他臓器障害との合併が多く見られることから、早期発見が重要とされています。

先頭に戻るページの先頭に戻る

グリコヘモグロビン分析計

グリコヘモグロビン分析計

糖尿病は、適切な血糖値を維持すつことが治療の中心となります。
この分析計の結果は、測定日の1ヶ月~2ヶ月間の血糖コントロール状態を反映したものです。

例えばこんな時に使います

糖尿病診察前
血液・尿検査を行い、血糖値・尿糖・HbA1c(グリコヘモグロビンA1c)の結果(約15分で結果がでます)に基づいて診察を行います。

先頭に戻るページの先頭に戻る